03-6677-7773 info@ayurvedastay.com
03-6677-7773 info@ayurvedastay.com

お客様へのメッセージ

Our Message to you
ホーム > お客様へのメッセージ

インドで本場のアーユルヴェーダを体験し、自分の中にある健康な生命力を取り戻そう

インドにおけるアーユルヴェーダ

インドの伝統医療アーユルヴェーダは、日本でも広く一般に知られるようになりました。以前はエステのトリートメントの一つと思われる方が多くいらっしゃいましたが、最近では、健康に生活するためのライフスタイルであるという認識がだんだん根付いてきました。

インドでは、アーユルヴェーダは単なる伝統医療ではなく、医学として確立され、専門の病院があり、国家資格を持つ専門医師が治療を行います。専門医師の資格を得るためには、アーユルヴェーダ医学部に通い、インターンを経て、学位と国家資格を取る必要があります。大学に通う年数も資格取得手続きも、西洋医学と同等です。

2つの医学は、健康に対するアプローチの仕方が全く違いますが、現代のアーユルヴェーダ医療においては、西洋医学も大いに取り入れ、双方が補完し合う、より良い医療の提供を目指します。通常の医学部ではアーユルヴェーダの科目はありませんが、アーユルヴェーダ医学部では、西洋医学の履修は必須です。

専門施設に滞在し本格的にデトックスする

アーユルヴェーダは、日常生活に取り入れ実践されるものですが、極端に身体のバランスを崩したときには専門施設でトリートメントを受けることができます。専門医の問診を受けて体内に蓄積した毒素を排出する「デトックス」には、大きな効果があります。こうしたトリートメントを受けるには、専門施設に一定期間滞在する必要があります。

日本にもサロンがありますが、本格的なトリートメントはやはり、インドに行かなければ受けられません。アーユルヴェーダのトリートメントには大量のオイルを使用しますが、マッサージに使用するオイルや、天然ハーブ由来の薬は、南インドで作られるものが多く、原料が現地でしか手に入らないことに加え、厳しい輸入規制のため日本では入手できないものが多くあります。また、専門医の問診を受けながらのトリートメントを行うには、宿泊施設を併設した専門のホスピタルに入る必要があります。

ケララのアーユルヴェーダ施設

こうした施設は、インドの中でも最南端に位置するケララ州に多くあります。ケララ州はアーユルヴェーダの本場として世界に知られています。地元住民にもアーユルヴェーダを取り入れた生活が浸透していますし、州政府が医療ツーリズムとして積極的に海外からの受け入れを推進していることもあり、外国人の滞在者も増えています。

ヨーロッパ人には特に人気が高く、リゾート感覚で泊まれるホスピタルから、本格的な治療を求めて訪れる人まで様々な需要があるため、インドにも多種多様な施設が増えてきました。安易な乱立を防ぎ、利益を最優先に考える粗悪な施設の増加を防ぐため、政府が認証を行っていますが、それだけでは実際に滞在する場所を選ぶのに充分とは言えません。

自分の中の変化を実感しよう

日本人にとってインドの感覚はかなり異なること、南インドという距離的にも離れた場所であり、信頼できる情報が極端に少ないこと、宿泊施設の清潔度や利便性の基準が欧米人とはかなり異なること、そして、言語の壁があることなど、残念ながら気軽に行けない要素があまりにも多い場所です。

しかし、実際に体験してみると、驚くほど効果が感じられ、健康に対する意識の持ち方や、ものの考え方まで変わります。今まで意識したことがなかった、人間本来の生命力を実感することができます。

「長い休みは取れない」という方も、実際は「取らない」ことを選択している場合が多いと思います。

アーユルヴェーダステイには、長寿社会の現代で必須になってくる「健康に長生きする力」をつけるために、時間とお金を費やすだけの価値があります。

インドに馴染みがない方には全く未知の世界だと思います。ケララは、多くの観光客が訪れる北インドとも全く様子が異なりますが、初めての方にも安心して滞在して頂けるように、私達が全力でサポートします。

ぜひインドで、本場の体験をしてみてください。

 

アーユルヴェーダステイ・チーム一同