03-6677-7773 info@ayurvedastay.com
03-6677-7773 info@ayurvedastay.com

吉川美加(アドバイザー、ツアー同行)

吉川美加

アドバイザー、ツアー同行、アーユルヴェーダ講師
アーユルヴェーダプラクティショナー
アーユルヴェーダツアーコーディネイター
インド政府機関BSS認定パンチャカルマセラピスト
 

小さい頃から医療に興味があり、家族で誰かが怪我をしたりすると救急箱を持って手当てをしていた。小学生の時は保険委員会に入り、中学生の時になりたかった職業は看護師か獣医師。高校生の時に進路を決める際、看護師か薬剤師で迷うが結局どちらも選ばずホスピタリティー(旅行業会)の道へ。

30代前半頃から外国人の友人達から耳にした代替医療、自然医療などに興味を持つ。

 

2002年に初めてインドに渡り、ケララ州を訪れたのがきっかけで、本格的にアーユルヴェーダを学び始める。

帰国後も何度も南インドを訪れ、パンチャカルマを受けるなどアーユルヴェーダに触れるとともに、シバナンダ・アシュラムにてヨガを学ぶ。

日本でもアーユルヴェーダのワークショップなどに参加し知識を深める。

さらに経験を広げるため、タイにてタイマッサージの技術を取得。

 

2007年に再度ケララに渡り、現地の病院に2年半勤務。幅広い業務をこなす。

  • チーフドクターの地元患者の診察に同席し、コンサルテーションの進め方を学ぶ
  • セラピストとしてトリートメントのアシスト
  • 外国人生徒向け実技クラスのアシスト
  • 外国人生徒の現地での生活サポート
  • ドクターのアシスタントとして、日本人を含む外国人生徒へのメール対応
  • テキストの改善、その他ドクターの秘書的業務
  • 日本人生徒向けにテキスト翻訳・授業通訳、トリートメント時の通訳などのサポート
  • 海外からの薬のオーダー受注・発送
こうした様々な仕事をこなしながら、自身でもパンチャカルマを受け、アーユルヴェーダ全般への理解を深めていく。

 

帰国後は、これまでの経験を生かして日本各地で活動を開始。

「自然界の中で薬にならないものはない」というアーユルヴェーダの考えを元に、「何かを作る」という共通点がある「食と製薬」に特に強い関心を持ち、この分野の研究を深め、専門家として指導を行っている。

 

 

これまでの主な活動履歴
  • 「ヨガジャーナル」アーユルヴェーダ特集の取材同行
  • 日本在住インド人医師によるセミナーシリーズの通訳
  • 石川県にて、ディナチャリヤ・リトリート開催
  • ヨークカルチャースクールにて、アーユルヴェーダ講座開講
  • 宮崎県にて、製薬講座、スパイス講座、料理教室開講
  • 千葉県のヨガスタジオにて、アーユルヴェーダ講座開講
  • 独自企画のアーユルヴェーダツアーを定期的に催行

 

アーユルヴェーダ関連略歴
2002
ケララの個人クリニック Siva Ayurveda and Yoga Therapy Center にて初めてアーユルヴェーダを習う。理論より主に施術(アビヤンガ、ヘッドマッサージ、フットマッサージなど)を学ぶ。毎日練習し、ホテルのスパにてインド人観光客の施術にあたる。
2003-2004
自宅サロンPRANAにてアビヤンガとタイマッサージを提供
2005-2007
東京都昭島市のホテル・昭和館の「スパノアノア」「ガラントリー」にてアーユルヴェーダ(アビヤンガ、シローダーラ)とタイマッサージの施術提供 (*施設は営業終了)
2007年3月
アーユルヴェーダスクールのコースを取るために渡印。ケララのPVA Ayurvedic Multi Speciality Nursing Home にてマッサージ&パンチャカルマ コース、薬理・薬草学コース、ヨガセラピーコースを修了し、インド政府認定BSSパンチャカルマ セラピストの資格取得
2007-2010
PVA Ayurvedic Multi Speciality Nursing Home にて勤務
2010
Riyadh Chinese Medical Center Poly Clinics(Jeddah, Saudi Arabia)にて アーユルヴェーダセラピストとして地元患者への施術にあたる
2010-2015
アーユルヴェーダスクールにて講師代行やケララ州へのスタディーツアーへ同行し授業の通訳、参加生徒さん達のお世話、同スクール生徒向けにインドからのオイル手配、インドからのドクター来日時の手配、授業の通訳、コンサルテーション時の通訳を担う。
2015以降
アーユルヴェーダ講師として各地で活動を開始